F1海外の反応

角田選手、F1カーでテスト走行 海外F1ファンからも熱い期待【海外の反応】

DAZN
DAZNは全試合ライブ配信だけでなく、
独占オリジナルコンテンツも配信

来年、高い確率で日本人ドライバーがF1を走ることをご存じですか?
現在F2で走っている角田裕毅選手は、もしF1昇格に必要な「スーパーライセンス」ポイントを取得できれば、来年アルファタウリF1チームで走ることが、ほぼ決まっています。

https://twitter.com/AlphaTauriF1/status/1323904712991801345?s=20

日本ではなじみがないかもしれませんが、F1ドライバーといえば、国によってはトップリーグのサッカー選手やメジャーリーガー並みに地位のある職業です。
そこに昇格するだろう角田選手に、当然海外のファンも注目しています。

その角田選手が今回、初めてF1マシーンに乗り込み、テスト走行を行いました。
海外のF1ファンがその様子をどのように見たのか、海外の反応をまとめてみました。

彼は緊張しているように見えるね

彼はとても緊張しているように見えるね!スピーチをするのを待っている子供みたいだ。

(F1マシンに初めて乗るのは)ものすごく衝撃的な経験だと覆うよ。
シート合わせをするまでは楽しいと思うけど、ガレージに立ってレーシングスーツを着るまでは、おそらく実感がないだろう。

彼がF1マシーンに乗ったら速いと思う?昇格したらの話だけど

角田はいい選手だよ。非常に順応性があるし、すぐに車を習得できるようだ。初年度はあまり困らないと思うよ

角田にとっての問題は、彼が非常に強いチームメイトに直面することだね。アルファタウリのガスリーは、レッドブルのマックスのようなものだよ

(角田選手がアルファタウリに入った場合、チームメイトはピエールガスリー選手になりますが、今年非常に力を見せている早いドライバーです

新人にとってもチームにとっても、(強いチームメイトがいることは)必ずしも悪いことではないと思います。重要なのは、ピエールから学び、シーズンを通して彼との差を埋める能力だと思います。

彼がF1に昇格すれば、彼は2000年に生まれた初のF1ドライバーになるね

なんてこった……21世紀生まれのF1ドライバーだって?

ジーザス!彼は私より若いのね

角田選手は2000年5月11日生まれ、まだ20歳という若さです。
海外ファンからは相当幼く見られるかもしれません。

角田選手「首がかなりきつかった」

“It was easier for the driving, but also harder for the more physical aspects,” Tsunoda said. “I expected it to be a little bit less hard from a physical (perspective), especially the neck because I have quite a lot of confidence that I don’t get a tired neck. In my life, even in Formula 2 I don’t feel the neck much and my neck is pretty strong, but after I drove the Formula 1 car today it was pretty hard.

https://racer.com/2020/11/04/tsunoda-stunned-by-physical-f1-test-debut/

「走りの面では楽だったが、フィジカル面ではもっとハードだった 」と角田選手。
「フィジカル面では自信がありました。特に首は、疲れないという自信がかなりありました。
F2でも首はあまり感じないし、実際首は結構強いんですけど、今日F1のマシンを走らせてみて、かなりきつかったです」と語った。

謙虚さを恥じないドライバー達からの、F1デビュードライブの新鮮な視点をいつも楽しんで読んでいる。

F1マシンを運転することはものすごく大変なこと。ファンにとっては当たり前のことなんだけどね。

数年前、メルセデスSLRだったと思うが、セーフティカーが出てきたのを見たのを覚えている。
(事故時等に先頭を走ってドライバーをナビゲートする車)

サーキットをガンガン走っていたので、デビッド・クルサードが「普通の人が同乗したら死ぬほど怖いと思う」と言っていましたが、
後ろのF1ドライバー達は、(セーフティーカーに)後ろからぶつからないように必死にスピードを落としていた。

F1ドライバーのすごさを理解するのに役立ったよ

F1でこの若者を見るのが待ちきれないよ。
彼とF2ドライバー上位5人はすべて素晴らしい才能を持っている。

他にF2から昇格する選手として、ミック・シューマッハ選手(ミハエル・シューマッハ選手の息子)、ニキータ・マゼピン選手の名前が挙がっています。

ただ角田選手を含め、いずれの選手もF2で上位に入り、スーパーライセンスポイントを取得しなければなりません。

ちなみに次回のF2は11月27日~29日に予定されており、そのすぐあとの12月4日~6日に最終戦があります。
もし角田選手が6位以内に入ることができれば、F1ドライバーになる資格を得られ、アルファタウリ入りが発表になる見込みです。

来年F1で角田選手を見られるよう、応援したいと思います。

Related Articles

Back to top button