F1海外の反応角田裕毅

F1-角田裕毅の激しい無線、海外ではどう受け止められている?意外と評価する人も【海外の反応】

DAZN
DAZNは全試合ライブ配信だけでなく、
独占オリジナルコンテンツも配信

まるで彼だけが時速300kmで走ってるようだw
他の人は「copy」と答えるだけなのに

↑彼はまだ新人だし

正直言いうと、こういうところが大好きだw
彼は怒りながら100%の力を発揮している。そのおかげで更に彼が好きになる

↑自分は逆かな
無線で話しかけられただけで、100%の力を発揮できないなんて心配になる

マックスの初年度を覚えてる人はいる?

↑うん、でも彼は16歳みたいに喚いたりしなかった

↑彼はリアル17歳だったけどね

↑ああ、覚えてるよ。誰もが彼を批判していた。
その頃のレース掲示板を見れば、今どれだけ違う受け止め方をされているか見ることができる。

ここは基本的に新人へ優しくない。ずっとね。

↑うん、マックスはあの時から随分成長したね

まだ角田F1デビューした最初の年だ。
もうすこし待ってあげよう

彼は旅客機のパイロットじゃない、レーシングドライバーなんだ。

「怒涛」のドライビングが彼には合うんだね。かっこいい。

マゼピンもエンジニアに怒ってたね。
「自分には無理だ。笑うな、ここはモナコサーキットだぞ」って。
市街地サーキットは、普通のトラックより神経を使うんだろう

↑リカルドがYoutubeで言ってたね。
「モナコのレースは凄まじく消耗する」って

一度プロ用のシミュレーションを運転したことがあるんだ。

ゲームに必要な集中力は本当にクレイジーだった。
2時間練習とレースをしただけで、疲れ切ってしまったよ。とにかくミスを避けないといけない。ミスしたら終わりだ。

コックピットはめちゃくちゃ暑くて、ほとんど横になった状態だった。
そして全て完璧が求められる。
「軽くブレーキを踏む」なんて事態、そもそも存在しないんだ。ブレーキを踏むときは床に叩きつけるようにして踏む。
そしてアクセルを踏み、ラインを維持し、適切にギアチェンジして、更に他のドライバーへ気を使う。

車を運転するだけでも大変なのに、他に19台もの車が同じサーキットを走ってるなんて、気が狂うよ

角田が怒るのも当然だ。
19歳のとき、はじめて280km/hを出したんだけど、10分間ももたなかった。
この人達はそれを1時間半もやっていて、途中ボタンを切り替えたりしながらレースをしているんだ。
本当に信じられない

↑何を運転してたの?

自分は170km/hしか出したことがない

↑自分はイスタンブールの公園で「AUDI RS7 4.0TFSI 560 HP」を運転していた。
(しばらくサーキットとして公開されていた)

実は「VW CC 1.4」を持ってたんだけど、友人がRS7を扱うのは怖い、というので自分にオファーしてきたんだ。

↑ヨーロッパにいたら、170キロ出すのはそんなに難しくないよね。
2001年製のメルセデスに乗ってるけど、今でも高速道路では170~180kmで走るよ。
もし君がドイツで最新の車に乗ってるなら、そんなに珍しくない話だと思う。

↑僕は今朝、パン屋に行く時ホンダで62キロを出したよ。

DRSはオフにしていた

いつも思うんだけど、ルイスの無線はすごく明瞭でわかりやすいよね。
まるでズーム会議でもしてるみたいだ。

↑昔は、ルイスのチームラジオの内容が難解すぎて通訳が必要なほどだった。

メルセデスが意図的に難解にしていたのは間違いないんだけど、それをFIAにやめるよう言われたから、今はすごくわかりやすくしているんだろうね

まさしく「F2のラジオ」だよね

↑うん、本当それw

↑どういうこと?F2はあんまり見てないんだ

↑F2ドライバーのほとんどは意地悪なんだよw
何百万ドルも払ってレースをしているからね。あと、F2のエンジニアはすごくロボットみたいなんだ。

↑これを見ると良いよ(F2のひどいラジオ集 Youtube・英語)

↑マゼピンが順位ボードを角田にぶつけようとしたところは、すごく笑ったw

彼の気持ちはわかるよ。
僕もすでにやってることを、誰かに「やれ」と言われるのがすごく嫌いだ

裕毅が暴言:OMG…なんでそんなに攻撃的なんだ?

キミが暴言:笑。いいね!キミはそういうキャラだ

今すぐプッシュして!今すぐプッシュ!全力で走って!全力で挑戦して!前よりも速く!まだ速く走れる??プッシュ!プッシュ!プッシュ!

うん、私もイライラするよ

参照:https://www.reddit.com/r/formula1/comments/ntkm4s/yuki_tsunoda_tr_push_flat_out_i_am_shut_up/

Related Articles

Back to top button